北國マネジメント株式会社 

経済産業省認定 経営革新等支援機関

 

HOME ≫ 社長ごあいさつ

社長ごあいさつ


 
 皆様方には、平素より私ども北國マネジメント株式会社を格別にお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。
 弊社は北國銀行100%子会社として2010年3月に設立し、官民一体型再生ファンドの運営とコンサルティング業務、北國銀行グループ会社の経理業務を主体とした受託業務およびEC事業の運営を行っております。
 官民一体型再生ファンドにつきましては、本業には収益力や技術力があるにもかかわらず、過去の経営において、業況悪化により過剰債務に陥った企業を後押しするため、中小企業基盤整備機構、北國銀行、のと共栄信用金庫、金沢信用金庫、鶴来信用金庫、石川県信用保証協会から出資をいただき、2010年5月に北陸で初めてとなる官民一体型再生ファンド「いしかわ中小企業第1号再生ファンド」を組成しました。第1号ファンドは、ファンド契約期間の2019年12月までに全ての投資先の再生が完了し、2020年3月に残余財産の分配を行い、清算が完了しました。2016年5月には投資枠20億円で第2号ファンドを組成し、昨年、第2号ファンドの投資枠が充足したため、2020年4月、第3号ファンドを投資枠20億円で組成しました。
 コンサルティング業務につきましては、2015年12月に経済産業省より「経営革新等支援機関」の認定を受け北國銀行の取引先を中心に業務を開始しています。
 経理受託業務では、北國銀行グループ各社の決算・経理業務の受託に加え、2019年4月からは銀行グループ外からの給与計算業務の受託を開始しました。また、北國銀行本部のバック事務受託も本格稼働し、更なる業容拡大に取り組んでいます。
 EC事業は、2019年1月にEC事業部を新規に立ち上げ、地域経済の活性化のために「ECモール事業」および「HP作成支援事業」の業務を開始しました。2019年5月、ECモール「COREZO」がグランドオープン。北陸随一のECモールを目指し、今後250店舗、5,000アイテムまで増やす計画にあります。
 弊社といたしましては、引き続き地場産業の活力向上を後押しし、地域の活性化とその好循環の維持を目指す「地方創生」に資するよう努め、また、「北國銀行の100%子会社として、その指針に沿って更なる成長を目指す」を目標に役職員が一丸となり業務に取組んでまいります。



2020年6月

代表取締役 山佐 修